• ホーム
  • 禁煙時のストレスを手当てするニコレット

禁煙時のストレスを手当てするニコレット

タバコを吸っている人がタバコをやめると言う事を禁煙と言いますが、これは非常に難しいことであることが知られています。
意思の問題であると言う人もいますが、人によっては高い依存性があるため自分の意思だけで止めることができない場合も存在しています。
そのような人の場合にはタバコをやめられない原因をしっかりと分析して対策を立てなければなかなか禁煙を成功させることはできないのです。

禁煙を失敗する最大の事情としては、ある程度タバコを吸わないことにより精神的なイライラが募り我慢ができなくなると言う症状が知られています。
これは体内のニコチンが減少することによって発生する症状であり、いわゆるニコチン依存と言われています。
この状況我慢できるかできないかがタバコを止められるか止められないかの境目になるのです。
依存症の程度には個人差がありますので、一概に意思の強さと直結させることはできませんが、一般的に非常に難しい問題であることが知られています。

いざ禁煙にチャレンジすると最初に感じるのはニコチン不足によるイライラです。
イライラは強いストレスとなりそれを解消するためにタバコ吸いたい気持ちになります。
しかしここでタバコを吸わず、代わりにニコチンを摂取することができるニコレットと呼ばれるニコチンガムを使用するのが最近の禁煙治療の流れです。
ニコレットは噛むことによってニコチンを摂取することができる特別なガムです。
このガムを軽く噛み、口の中に置いておくことでタバコを吸わないことによる強いストレスを手当てすることができるのです。
ニコレットはニコチン不足に伴う欲求を抑えるために非常に役立つ禁煙補助薬なのです。
その効果を上手に活用してタバコをやめることにつなげることができれば大成功であると言えるでしょう。