• ホーム
  • ニコレット使用後20日目に散見する問題

ニコレット使用後20日目に散見する問題

喫煙は健康に悪い影響を与えるということが提唱されて以来、社会全体で禁煙モードが高まってきました。
しかし、一度喫煙習慣がついてしまうと、禁煙するのはそれほど容易なことではありません。
今では病院にも禁煙外来が設けられるほどの社会問題にもなっています。
しかし一般的には禁煙は自分で取り組むものという風潮が根強く、そのため多くの人が何度も禁煙に挫折しているというのが現状です。
このように自力で禁煙に挑戦するという人にはニコレットなどの禁煙補助剤を使用することもおすすめします。
ニコレットはタバコをやめたい人のために作られた医薬品です。
ガムのようなもので、これを噛むことで中からニコチンが放出されるようになっています。
これによって、禁煙時のイライラや落ち着かないなどという症状などを緩和する効果を得ることができます。
使用方法は、タバコを吸いたいと思った時にニコレットを一回につき一個、30分から60分かけて噛むだけです。
使用量は1日の喫煙本数によって異なりますが、総使用量が一日に24個を超えないように噛みます。
一ヶ月程度続けることで禁煙に慣れてきます。
そのタイミングを見計らって次はニコレットの使用量を徐々に減らしていきます。
一日の使用量が一個から二個程度にになったところで使用を停止します。
その段階で禁煙が成功したことになるのですが、これは概ね3ヶ月程度が目処となります。
しかし、ニコレット利用者の声を見てみると、ニコレットの使用を始めて20日目くらいに入ると、ニコチンへの依存はかなり和らいできていることがわかります。
ニコレットで禁煙を始めて20日目頃にたまたまタバコを吸ったところあまり美味しく感じなかったという例や、同じくらいの時期にニコレットがなくなったためそのまま使用を中止してもその後タバコを吸いたいと思わなくなったという例が報告されています。