• ホーム
  • ニコレットとたばこ同時使用で標準何日で禁煙可能か

ニコレットとたばこ同時使用で標準何日で禁煙可能か

今まで25年近く喫煙してきました。
多い時は標準3日で2箱程度です。
その間禁煙しようと思ったことはなく、習慣となっていました。
同居人も喫煙者で標準で2日で1箱くらいで同じく禁煙しようという気もなく過ごしてきました。
ですが、年々たばこも値上げを繰り返し、自分自身も結構吸ったなぁと思うようになってきました。
実家が禁煙の為ニコレットとニコチンなしの電子たばこを購入し同時に使い、遊びに行く時はなかなかのストレスでした。
新幹線のホームや在来線のホームも灰皿がなくなったり端に追いやられたり何よりも服や髪も匂います。
何故今まで気にならなかったのかと思うようになり、換気扇の下で吸うようにしたりするようになりました。
そのうちに1回に1本吸えなくなり体に良くないと分かってはいましたが2度に分けて吸ったりし、減煙することに自然になり最終的には1日1本になりました。
禁煙外来の先生に話しをしたところ、「逆にそこまでして吸ってる方が関心する」と言われて笑われる始末。
そして消費税が8%になると決まった4月にやめようと決めました。
最初は気になって気になってニコレットを何度も噛み、電子たばこを吸ったりしてました。
ただし、換気扇の下まで行って吸うというのは決めていました。
そのうちにニコレットを噛むと甘いので面倒臭くなり、同時に換気扇の下まで行くのも面倒臭くなり結局2週間もたたないうちに止めてしまいました。
今では自分が喫煙者だったことを忘れています。
余ったニコレットと同時に使っていた電子たばこは同居人にあげることにしました。
最初は面白半分で使っていたようですが、やはり値上げが気になったのか半年後にたばこをやめてしまいました。
同時に喫煙者を卒業できたのは大きな嬉しい誤算でした。
他の方が標準でどのくらいで止められるかどうかはわかりませんが、ニコレットとニコチンなしの電子たばこを同時に利用するのはおすすめです。